説教塾

加藤常昭著 説教論 p423-425pより

このプロセスは、聖書が今ここにおける神の言葉として語り出すに至るプロセスです。遠い昔に遠い地域で語られ、書き留められた言葉が今ここにおいてひとを捕らえ、教会の群れを形成する霊的な言葉になる過程です。これを私は聖書の言葉の立体化の過程と呼びます。そのようにして講解説教が生まれてくるという意味では、「講解説教生成の過程」と言うことも可能だと思います。


説教作成の過程


 


  第一の黙想 
  聖書テクスト研究   
  説教黙想 
  説教の原稿 
  実際に語られる説教 
  聞き取られた説教